ベジママ

ベジママの口コミ、体験談、成分、価格をまとめました!

「身体のリズムが整ってきた!」「お化粧のノリが良くなった!」「基礎体温も安定!」
という口コミや体験談の多いベジママには、「ピニトール」という成分が入っています。

 

この成分が、不妊の一因である「多嚢胞性卵巣症候群」への効果的なアプローチになります。

 

ピニトール(260mg)のほかにも、ビタミンB12(20ug)、ビタミンC(80mg)、ビタミンE(8mg),ルイボス(50mg)、葉酸(400ug)を含有しているので、あれこれといろいろなサプリを飲まなくても、これ1つでOKです。

これらの素材作りや製造工程は、(GMP認定)自社工場でしっかりと管理されているので、品質も良く安心できます。
もちろん、放射性検査、残留農薬検査にも合格しています。

 

小粒で飲みやすく、初回定期コースで50%オフ(定期ママ活プラン)の2750円(送料無料、税別)
1か月だけでも定期購入可能で、2回目以降も15%オフの4680円(送料無料、税別)で安心して、妊活できます。

 

避妊なしで1年以上、性交渉しても妊娠しないと不妊症です。(昔は2年でしたが、2015年に世界基準と同じ1年に修正されました。)また、近年30歳過ぎてからの出産が増えており、不妊治療の限界は42歳くらいなので、そうなると今、30歳ならあと12年しか、妊娠が期待できません。不妊の原因は、卵子の老化なので、時間が経つほど、自然妊娠の可能性が下がります。つまり今日の1日、今の1時間の価値は非常に重いといえます。

 

一番賢い妊活は、1年間、避妊なしの性交渉に期待して待つだけではなく、同時に妊活サプリを併用して、保険をかけておくことです。そうすれば、結果的にどちらの効果で妊娠したかはわかりにくいですが、1年間という貴重な時間を無駄にせずに済みます。

 

 

 

 

ピニトールとカイロイノシトールと不妊の関係

ピニトールは大豆、ルイボス、アイスプラントなどの植物に含まれる成分で、細胞の代謝に不可欠な糖の一種、グルコース(ブドウ糖)を運搬を促進する作用が期待でき、糖尿病予防に応用できるのでは、と研究されています。

 

ピニトールが体内に入ると「カイロイノシトール」という物質が 生成され、このカイロイノシトールの不足と不妊との関連が疑われています。

 

ピニトールとは (wikipediaより引用)
ピニトールを脱メチル化して生成されるカイロ-イノシトールは、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が進んでいる。

 

カイロ-イノシトールとは (wikipediaより引用)
無月経や不妊の原因疾患である多嚢胞性卵巣症候群の疾患患者は、体内でのカイロ-イノシトール欠乏が認められるが、カイロ-イノシトールの経口補充によって、インスリン抵抗性及び無月経の著明な改善が報告されている。[3][4][5] 二重盲検試験において、カイロ-イノシトールを摂取した多嚢胞性卵巣症候群の女性は、対照群と比較して、遊離および総テストステロン値の低下、血圧、インスリン感受性の改善及び排卵の増加が報告されている。

 

 

>> ベジママの詳細はこちら <<

不妊治療の種類

妊活を始めて避妊せずに性交渉を続け、1年たっても妊娠しない場合、不妊症と呼ばれます。
不妊症には様々な原因があります。夫婦ともに検査したのち、必要な治療に入ります。

 

不妊治療には、大きく分けて一般不妊治療高度生殖医療の2つがあります。

 

一般不妊治療の場合、体内で受精します。
高度生殖医療は、体外で受精させて、子宮に戻します。

 

一般不妊治療は、基礎体温を基にするタイミング法と、注射器で精子を吸引して子宮に放つ人工授精があります。
高度生殖医療には、体外受精、顕微授精、凍結融解胚移植の3つがあります。

 

いずれも、母体の年齢により成功率が変わります。
若ければ若いほど成功率は高く、43歳以降は5%ほどの成功率になります。

 

 

>> ベジママの詳細はこちら <<